スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入門書的

妖怪最近好きになったんですけど
どんな本を読むと良いですかとたまに聞かれる
似たような事は何度かツイートしたり、ブログに書いたりしているけど2014年も残り一ヶ月ちょっとなのでまとめ

■水木しげる『決定版日本妖怪大全』
この本は絵と解説がもっとも充実していると言っても過言ではないので是非読んでおきたい。
水木しげるの解説は民俗学的観点の伝承と言う意味では創作を元にしたものも数多くあるがそれがたとえ本来的なその妖怪を捉えたモノでなかったとしても娯楽としてこれ程の妖怪情報が絵入りで楽しませられる本は存在しない。
妖怪をまずは楽しみたいと言う人。形と話を数多く知りたいという人にお勧め。

■鳥山石燕『鳥山石燕画図百鬼夜行全画集』
鳥山石燕は何度も名前をあげてきているが1990年代までは本当に結構な額を使うか色々な本から断片的に見るか図書館かと言う中々うちに置いておけるようなものではなかったけどこの文庫版のおかげで気軽に手に取れるようになったのはとても嬉しい。
水木しげるも石燕準拠の妖怪を数多く描いているので日本妖怪大全と並行して見ると相互的により楽しめる。

■村上健司・天野行雄・宇田川新聞『怪しくゆかいな妖怪穴』
毎日小学生新聞に掲載されている週一の妖怪のコラムを一冊にまとめたもの。分かりやすい言い回しで書かれてはいるが、その内容はかなり本格的。
しかも妖怪のセレクトも有名なものからかなり通好みの水木しげるが図版化していないものまで多く含まれる。
子供から大人まで妖怪を深く知るきっかけになりそうな一冊。

■村上健司『妖怪事典』
現行で出版されている妖怪事典としてはおそらく最高峰。今後これを越える妖怪事典は執筆・刊行できる人はおそらく出てこないと思う。妖怪の本がこれ程充実してくると今まで研究とか執筆を目的でもないのにただ好きだからと言う理由で自力で調べていたのが調べなくても丁寧に紹介されているのでこれだけで足りてしまう。

■村上健司『妖怪ウォーカー』
村上健司本が続くが系統を分けて広く妖怪を知るためにと言う本をあげていくと自然とこうなってくる。
妖怪ウォーカーは絶版にはなっているが古書では入手しやすく全国の妖怪由来のスポットを系統分けして紹介してくれるので旅行のおともに、自分の住んでいるところの近くにあるところを調べたりと色々と遊べる要素が大きい。


これらの本を読んでいくと参考文献が紹介されているので深く知りたい人はその辺も抑えて行くと立派に足を踏み外せますよ



スポンサーサイト

theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

としょかんのこしょてんVOL.71

「ビブリオバトルin神田古本まつり」で紹介された本
日程:12月14日(日)迄
月~金10:00~22:00
土10:00~19:00
日・祝10:00~17:00
場所:千代田図書館9階=出張古書店コーナー

先日開催された
ビブリオバトルin神田古本まつりの予選及び本戦で紹介された本とゲスト関連本が紹介されています。
私は予選で敗退しましたが二冊紹介したので二冊展示いただいております。

紹介させていただいたのは以下の二冊

『妖怪カタログ弐』
お馴染み大屋書房さんの珠玉の一冊
この本は何度もお勧めしているし、
神保町で作られた古書店による新刊本と言う勝てる本だと思ったのですが私のプレゼンがダメで敗けてしまいました。
然しながら今はただの『妖怪カタログ』は既に通販も終了しており、
これが古書として価値が出る可能性ができている
また資料的な価値も非常に高く、発刊当初の妖怪画の相場、毎年夏辺りに開催されるおばけの美術館展示の展示物の値段、カタログと言う性質上個人に売れた場合、他の本では二度とお目にかかることができない可能性がある。
そんな本が僅か1500円で手に入るという
一冊。未読の方は手に入れてごらんなさい。妖怪カタログは楽しいですぞ

http://www.ohya-shobo.com/catalog.php

もう一冊はこちらもお馴染み
今野圓助『柳田國男随行記』
民俗学者・柳田國男と弟子・今野圓助の九州への講演旅行記

柳田國男と言うか学者というとどうしても堅いイメージを持ってしまうがプライベートな柳田をもっとも近くで見れる一冊。

著者の今野圓助は圓輔名義で『日本怪談集〜幽霊篇・妖怪篇』などおばけの本を色々と出している。
今年2014年8月10日で生誕100周年を迎えました。
おばけ好きな方は大いに祝い、その著作を読みましょう!

そんな本の展示を見て神保町で古書を探して楽しみましょう!
平日は古書店が閉まってしまいますが展示自体は22時まで閲覧可能なので是非に

theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

電子のおばけの本ー1

何度か電子書籍に関して色々と調べて見たけど、見せ方の点で今ひとつ踏み込めないでいる状況。
ただ現状でどれだけ電子でおばけのことを調べられるかは気になるところで自分でも入手を検討する場合の備忘録を兼ねてざっと調べた。

■中公
今野圓輔『怪談〜民俗学の立場から』
池田彌三郎『日本の幽霊』
江馬務『日本妖怪変化史』
笠井新也『阿波の狸の話』
神田左京『不知火・人魂・狐火』

Kindle版になっている選定の基準はわからないけどラインナップは結構良い。
漏れているかもしれないので見つけ次第追記したい。
在庫が無くなるのが早かった妖怪篇の電子化を中公版でも早くしてもらいたいところ。





■角川
画図百鬼夜行と絵本百物語の二冊が嵩張らずこの値段と言うのはありがたい話だと思う。

鳥山石燕『画図百鬼夜行全集』
竹原春泉『桃山人夜話〜絵本百物語』
小松和彦『妖怪文化入門』
湯本豪一『帝都妖怪新聞』
香川雅信『江戸の妖怪革命』
常光徹『伝説と俗信の世界〜口承文芸の研究』





■毎日
妖怪穴も電子化されているのを知らなかったので調べてみてよかった。
子供たちにおばけのことを伝えようとした圓輔先生の勤めていた毎日新聞社からこう言った子供に向けた妖怪本が出て電子化されているのは中々感慨深い。
村上健司・天野行雄・宇田川新聞『怪しくゆかいな妖怪穴』
村上健司・天野行雄・宇田川新聞『妖怪百貨店別館〜怪しくゆかいな妖怪穴2』
村上健司『妖怪事典』


theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

全国妖怪事典

2014/12/11講談社学術文庫から千葉幹夫さんの『全国妖怪事典』が出るという。
以前に小学館より出ていた同名タイトルの復刊と思われる。
妖怪の収録数や伝承だけでなく広義での妖怪事典としては村上健司さんの『妖怪事典』が最高峰かつ以降これ以上の仕事で妖怪事典を作られることは難しいと考えている。
しかしながらそれを先駆して出版された千葉幹夫さんの『全国妖怪事典』はそれ以前に自身で別冊太陽などで紹介されていた各県での話のある妖怪をピックアップしているという観点で村上健司さんのものとはまた違った引き方や相互確認などをしたりときっと楽しめる一冊になる筈なので今からワクワクしている。

小学館版から20年近く経っている。
長く絶版になっていたので差異のない復刊でも普通に嬉しいが変化があればあったで更に嬉しい



theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

不意

「笠井新也氏によると狸の化け方は25種もあるという」今野圓輔『日本怪談集〜妖怪篇』

ENSUKE先生の言葉の笠井新也氏は狸本の最高傑作『阿波の狸の話』の作者。
これ一冊で有名な狸からあまり知られていなかった化け狸のことはかなり深く知ることができる。
例えばアカデンチュウもこの本が無かったら知られることはほとんど無かったと思われる。
今回再度紹介したのはこれもKindle版が出ていたことを知って驚いたのとENSUKE先生の言葉を言いたかっただけという。

まだまだ紙を嗜好していますが
絶版などで入手ができない、入手はできるけど高すぎるという状況より、
電子書籍という選択肢ができて
いつまでも気軽に読める状況はとても良いことだと思う。

手軽に手に入りすぎていつか読もうで終わってしまう可能性も上がりそうでもあるけども


theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。