スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妖怪本】春の豆腐小僧尽くし

豆富小僧映画化に伴い
出版物も豆腐小僧尽くし
※説明は化け大倶楽部より抜粋

○3/29発売
『怪0032号』特集:豆腐小僧
「総力特集は「豆腐」。「豆腐小僧」や豆腐の文化史、『豆腐百珍』、小僧の妖怪などを徹底特集。」

○4/1発売
『豆腐小僧双六道中おやすみ』京極夏彦
「人を怖がらせることができる立派な妖怪になりたい間抜けな妖怪、
豆腐小僧は、滑稽達磨とともに武者修行の旅に出る! 
芝右衛門狸らによる〈妖怪総狸化計画〉。信玄の隠し金を狙う悪党(人間)たち。
ゴタゴタに巻き込まれた小僧の運命やいかに!」

○4/2発売
角川つばさ文庫『豆富小僧』京極夏彦
「京極夏彦書き下ろし、角川書店の児童書レーベル「角川つばさ文庫」に登場!!
豆腐を乗せた盆を持ち、ただ立っているだけの妖怪、豆富小僧。
そんな小僧が突然、現代に出現してしまった! 
私は誰?ここは何処?と悩む小僧は、近くにいた人間の少年・淳史のあとをひとまずついてゆくが…。」

○4/25発売
文庫『豆腐小僧その他』(著:京極夏彦)
「かつて江戸で大流行した愛くるしい妖怪・豆富小僧。
その豆富小僧が現代に現れての活躍を描いた小説「豆富小僧」と、
京極氏によるオリジナル狂言「豆腐小僧」「新・死に神」などを収録した、貴重な作品集!」

○4/29~公開
3Dアニメ映画『豆富小僧』公開

更に既刊の
『豆腐小僧双六道中ふりだし』(著:京極夏彦)
「お盆の豆腐に気をつけながら、自分探しの珍道中!
豆腐を載せた盆を持ち、ただ立ちつくすだけの妖怪「豆腐小僧」。
豆腐を落としたとき、ただの小僧になるのか、はたまた消えてしまうのか。
「消えたくない」という強い思いを胸に、自らの存在理由を求めて旅に出る―!」

※リンクは版形を合わせて講談社のものを

小学館『大江戸化物図譜』(著:アダム・カバット

国書刊行会『妖怪画本 狂歌百物語』 (編:多田克己)

角川つばさ文庫『ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾 豆腐小僧の巻』 (著:東 亮太)

○妖怪プロジェクトCDアルバム
『化け物横丁』 (2006年3月29日) 収録
・一丁おくれ
・ドレミ豆腐小僧

『おばけカタログ'07』(2007年7月18日)※ミニアルバム収録
・雨降り豆腐小僧

ぱっと思い浮かぶところで豆腐小僧が出てくるものをあげてみました
他にも何かございましたら是非教えてください
スポンサーサイト

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
126位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。