スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多様性の話〜ほんの一例

色の話も一端だと思いますが妖怪の良さの一つに多様性があると思っている。
・嗜好する人の観点の違いによる多様
Aさんは民俗学的に収集された話の中の妖怪が好きで各地に伝わる海坊主の話をしていたところ、絵に描かれた妖怪が好きなBさんがAさんの話を聞いて、自分が持っている海坊主の絵を見せた。妖怪とつけば節操なく集めたがるCさんがそれこの漫画にも出てたよと読んでいる漫画を紹介した。

三者三様違う観点で妖怪を見ているけど海坊主と言う言葉一つで個々の観点で会話が通じるのがまた良い。

・採集されたお話の地域による多様
見越入道の基本は見上げれば見上げる程大きくなると言うのが主軸になるが、更に話を進めると地域によって同系で名前が異なると言うのが面白い。
中国地方の次第高
近畿地方の高入道
四国の高坊主・ノビアガリ
佐渡の見上入道
遠野のノリコシ
鹿児島のヤンボシ等これだけで大分話が弾む。
対応策があるのもまた面白く「見越した」や「見抜いた」など言葉で回避するもの動物に化かされた時によく出る煙草を吸うと言う方法や東京には鎌を腰に挿しておくと除けられるという話もある。

こういった話の組み合わせや嗜好の微妙なずれがあるのがまた面白い。
スポンサーサイト

theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
152位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。