スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成蹊大学図書館企画展示『アヤカシノ世界』

成蹊大学図書館で怪異に関する展示を行うと言うご連絡をいただきましたので紹介させていただきます。
※残念ながら平日の日中のみの開催になりますがご興味とお時間がある方は是非。

企画展示『アヤカシノ世界』開催のお知らせ
http://www.seikei.ac.jp/university/library/news/2014.html#anc201410032

『近年、「妖怪ウオッチ」など漫画・アニメ・小説等で怪異を題材としたものが人気を博しておりますが、このような怪異(妖怪、化け物、幽霊等)への関心は古くからありました。江戸時代の国学者・神道家の平田篤胤は異界に関する研究を数多く残し、 民俗学者柳田國男も『遠野物語』『妖怪談義』などの妖怪や怪異に関する研究を精力的に行っておりました。そしてこのような“妖しきもの”への関心は学者だけでなく、一般大衆にも広く浸透しており、江戸時代には化け物草子や百物語が多く刊行され、以降も泉鏡花などの怪奇趣味に引き継がれています。
今年度の図書館企画展示では、本学図書館が所蔵する、怪異に関した資料を展示することにいたしました。普段閲覧することの出来ない貴重書等も展示いたしますので、この際に是非ご来館ください。』

期間:2014年11月17日(月) ~ 28日(金) 平日 9:30~16:30
※22日(土)・23日(日)・24日(月)を除く。
会場:成蹊大学図書館2Fアトリウム
内容:付喪神記絵巻、竹取物語(奈良絵本)、うつほ物語(奈良絵本)、男女相性鑑(奈良絵本)
曽我物語(丹緑本)、二十四孝、和漢三才図会、北越雪譜、一心二河白道、傾城水滸伝
椿説弓張月、昔語質屋庫、玄同放言、西国奇談、金平、春色梅暦、大雑書 等

※学外でも観覧可能とのこと。
観覧をご希望の方は、図書館2Fカウンターにて身分証(免許証、保険証等)をご提示の上、手続きを。
入館は11月17日(月)から11月28日(金)の平日9:30~16:00 となります。

結構展示数も多くあるみたいです。
所蔵品は中々見る機会もないので平日お休みの方は是非
スポンサーサイト

theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
110位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。