スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/15(2)見世物学会シンポジウムにいった

入札会の一般公開を見に行った後に三田に移動
三田は836やENSUKEの聖地でもあるので慶應大学の昔からありそうな店で昼飯でも食おうと言う話に
古い喫茶店に入って食事
中々『えんすけっ!』にいかせそうな趣き
食事後、慶應大学の北館に着いた時には既にシンポジウム開始から数分たっていて初っ端に聴いた話は動物は使っては駄目、蛇も食べられない、火も吹けないと言うようなこと
しかも涙ながらに……切ない。
見世物を見にきた人の多くは楽しんで帰って行くただ1000人のうちの1人が「気持ち悪い」と開催地であったり警察だったりに苦情を入れると開催が危ぶまれたり規制が入ったりすると言う。
靖国神社のみたままつりも見世物がと言うだけではなく色々な要因から来年は露店自体がなくなると言う。
色々とやる場所が制限される中で安田興行社は見世物で使っていたモノや映像の展示(ヴァニラ画廊の展示等)、現在でも興行を打っている大寅興行社では若い劇団などとコラボレーションをしつつ生き残りの道を模索している
現状に即した形で雰囲気を残したい、見世物と言う文化を残したいと言う気持ちは大切だし応援したい気持ちも強いけど少し見たかった物とは異なってきてしまう感じは覚えた。
演目に関しても子供騙しにならないような新しいモノというような話もあったけど他にも話にあった一のことを八つぐらいオーバーに言う口上・話術で子供騙しも魅せると言うのが見世物らしいと言うか好みだったりする。
蛇を食べたり、火を吹いたりと言った花形の演目も欲しいけどお約束ごとのような六尺のオオイタチ的なのとかも是非見てみたい。
重い部分を真面目に抜き出してしまったがシンポジウムは全体的にリアルな部分を話しながらも最終的には前向きで笑いも耐えなかった。
第一部終盤で話されていたフランスに三日間屋台を持っていったがたこ焼きが馬鹿売れして一日で三日分消費してしまったのでタコの変わりにソーセージを使って儲かったという話が面白かった。リアル魔神焼き。

私が嗜好する郷土玩具などもそうですがやめないで欲しいと無責任に言うことは何の足しにもならなくて、そういうのは例えば自分で後継者になるとか本気で開催地を開拓したり資金援助ができるような行動力か金がある人間だけができるもので私のような一般の消費者ができることはあるうちにできるだけ消費する(お金を払って観る、買う)こと紹介することぐらいしかできない。ただそう言う意識づけが一人でも多くの人に繋がればと思う。
頑張って欲しいものです。

見世物学会の学会誌ではおばけを取り扱っている号もあるので興味がある方は是非↓
スポンサーサイト

theme : 妖怪&日本の民俗
genre :

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
106位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。