スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妖怪学?】妖怪好きな人たちの会話

1/21のネットテレビの追加情報

妖怪の展示をさせていただいている
高円寺のみじんこ洞さんのご紹介で
ネット配信されているてくてくテレビに妖怪好きな作家さんと出演しました。

30分3本よろしかったら見てやってください

1

2

3

※映像は同じですがyoutube版

映像中に2010年妖怪的な出来事ベスト5あるいはベスト3というくだりがありますが
あまりにも個人的なヒットだったので自粛して言わなかったベスト3は
1位は間違いなく映像にある通りゲゲゲブーム
・連続テレビ小説
・水木しげるの展示もゲゲゲ展・水木しげる妖怪図鑑と年中通して展示会
どちらかと言うと妖怪がヒットしたと言うより
朝ドラからの効果で副次的に妖怪に関して見る機会が増えたと言う感じですが
興味のなかった層に対しての導入になる可能性ができたのは嬉しい

2位は怪作戦さんの「妖怪写真集」
妖怪画のポーズのみを再現すると言う馬鹿馬鹿しくも楽しい本です。
こんなことをやったから伝えたいと言う同人誌の根源的なパトスを感じます。
皆さん楽しそうな感じが伝わってきて
妖怪表現として「やられた」と感じた件です。
今後のコミケや今年も開催されたら化け大祭等で怪作戦さんが出品されていたら
是非入手をお勧めします。

3位は先日こちらのブログでも紹介させていただいた「山田野理夫 東北怪談全集」
本としても素晴らしいのですが影響力が凄く
例えばすぐに出せる本だと「図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説」や「江戸諸国百物語」と言う
本があるのですが赤舌の説明が
山田野理夫の「東北怪談の旅」の話が元になっていると思われる水争いの話なのが面白い。
「おばけ文庫」からですが「江戸諸国百物語」では
わいらが茨城の妖怪で野田元斎がモグラを喰っているわいらを見たというくだりまで…
出展が明らかにされない情報を鵜呑みにしてしまうのは危険ですが
妖怪解説の一部(出身地等も)に影響を与えているお話がたくさん収録されているので
水木先生の本を読む楽しさ、「図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説」のように
影響を受けている本を見かけたときの楽しさにつながります。

※個人の感想です

図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説
(2008/08/09)
青春出版社
水争いの類型の図の説明等、
図でわかりやすく説明している分面白い。
ぬらりひょんに関しては総大将に何故なったのかは
説明されているのに

商品詳細を見る


江戸諸国百物語 東日本編 (ものしりシリーズ―諸国怪談奇談集成)江戸諸国百物語 東日本編 (ものしりシリーズ―諸国怪談奇談集成)
(2005/10)
人文社編集部

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
206位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。