スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妖怪巡り】世田谷篇

世田谷てづくり市に出品します
開催日 2011年02月27日(日)
開催時間 10時~16時
開催場所:世田谷観音・参道および駐車場

併せて以前に調査していた世田谷近辺の伝承地を紹介させていただきます

▼2/9 多聞寺の狸について追記

■三軒茶屋付近

栄珠稲荷神社
東京都世田谷区三宿1-14

民家に隣接されている小さな神社
お供えができないほど困窮したときに泥団子を備えて祈願した
雨が降って米が育つと米の団子を供えたという伝承がある場所です。

○太子堂橋
東京都世田谷区太子堂 2丁目、4丁目、5丁目の境界辺り

子連れ狐が助けて貰ったお礼に村人が通るときに
提灯で足元を照らしたという民話の舞台

三宿神社(旧多聞寺)
東京都世田谷区三宿2-27-6

狐の次は狸
ここは狸囃の伝承があります
以前には本祭の時に「神楽たぬきまつり」が演じられていた
※現在後継者不在のため断絶
狸の伝承だけでなく廃寺の跡に神社になっているので
寺のような雰囲気を色濃く残しているのも面白い

▼追記
墨田区の多聞寺もそうですが毘沙門天を祀っているお寺での狸のお話は多々あります
麻布七不思議の狸囃の天現寺も同様こちらも多聞山
毘沙門天=多聞天と見られるため多聞がついている
狸と毘沙門天の関連性は
毘沙門天も狸も金属との関係性が高く
眷属とされることから狸伝承が毘沙門天を祀るお寺で伝えられているとも考えられる
(ムカデが眷属なのと同様の金属繋がりかと思われます)

この辺の緑道は狸の像も多く楽しめます

■上町駅
○勝光院
東京都世田谷区桜1-26-35

吉良氏の墓所
火車の爪の伝承があります
現物に関しては昔確かに見たという所までは伺えておりますが
以後の調査進まず

面白いのは典型的な猫檀家の話で
近隣に豪徳寺があり
妖怪的要素があると火車、妖怪的要素を抜くと招き猫になるということ
(調査したときの多田先生の受け売りですが)
『「柳田国男宛書簡36」
 御下問のものに縁あることども、扣(ひか)えども閲して少々かきつけ候。以下は、『続々群書類従』よりとるなり。
『世田谷私記』穂積隆彦撰。世田谷勝光院の什物に火車の爪あり、これはある亡者を送りける時、火車亡者を取らんとせしに、この寺住持智徳あり、数珠にて払いぬ。この時この者の爪落ちたり、と。文化九年十二月五日、これを見るに爪四つなり。数珠は水晶なり。焼けたる袈裟もあり、云々。『一話一言』にも、火車切りし人の刀のことあり。また『常山紀談』にも、多田新蔵とか信濃のものにて信長を狙撃し殺さるる大勇士、火車切りし話あり。』

■宮の坂駅
○豪徳寺
東京都世田谷区豪徳寺 2-24-7

招き猫で有名な豪徳寺
納められた招福猫児は圧巻です

世田谷八幡
東京都世田谷区宮坂1-26-3

奉納相撲の土俵がある神社です
鬼のように強かったという子供 鬼五郎の話が残っています

■代田
○代田と言う名前はダイダラボッチから

三軒茶屋に向かって世田谷線で伝承地をめぐりながら手作り市などいかがでしょう
世田谷探索のついでにお立ち寄りいただければ幸いです
スポンサーサイト

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。