スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妖怪学】河童について

■河童の特徴
○身体的特徴
・頭に皿がある
 くぼんでいる場合やお皿が乗っかっているような形状のものも
 ポルトガルの宣教師との絡みも(トンスラ頭)

実在の動物的要素の複合
・背中に甲羅がある
 亀や鼈のような甲羅(爬虫類的要素)
 模様のない鼈タイプが甲羅のあるタイプの初期の主流だったが
 模様のある石亀タイプも増えてきて
 最近の映像での表現は海亀のような模様もよく見られるようになった
 鼈の甲羅は中国の水神としての河伯の眷属がスッポン

・体がぬるぬるしている
 蛙のような肌(両性類的要素)
 昔は毛の生えているサルのようなイメージで赤茶色だったりもしたが
 緑色で斑点をもつものぬるぬるした蛙のようなイメージに集約されてきた

・手のみずかき
 かわうそのように水辺に住む哺乳類や蛙のようにみずかきを持っていることが多い
 河童の手の木乃伊の正体の一つとしてかわうそが上げられることもある

・嘴(鳥類的要素)
 元々鼈の突き出した口の表現が鳥の嘴に変化したものと考えられる

○能力
・泳ぐのが速い
・骨つぎができる 骨接ぎの薬~河童の軟膏のお話
・空を飛ぶものも
 河童奇談には羽が生えているものも
 ひょうすべがひょうひょう鳴きながら飛ぶと言う説も
 空を飛ぶということは水・陸・空オールマイティな妖怪

○好物
・尻子玉が好物
 好きなのは人の内臓~尻子玉はお尻の蓋の架空の臓器で
 昔は水死体が多くその状態から想像された

・きゅうりが好き
 河童が眷族とされる八坂神社の紋が木瓜紋(胡瓜の断面のような)で
 木瓜(=きうり)(元々うりを祀った)きゅうりを流すことで河童に供物を

・相撲が好き
 兵主部(ひょうすべ)の呼称の由来になった兵主神が、相撲の起源と深い関係のある神で、
 河童の相撲好きの性質に多大な影響を及ぼしていると思われる

 また河童の関連の伝承のある菅原道真の先祖 土師氏の祖 野見宿禰が相撲と関係が深いのも面白い

・いたずら
 馬や人を水に引き込む

○弱点
・皿の水がなくなると体力がなくなる

・猿
 柳田國男「河童駒引き」カッパと馬と猿の関係
 猿は馬を守護する動物
 河童は馬を水に引き込む

・鉄(金物)
 世界中の水難除けとして河童も鎌や庖丁を嫌う

○河童のルーツ
河童のルーツは一つではない
地域の伝承が河童の要素とつながり後付で河童の仲間になっていく
・水虎

・色々な水辺の動物(スッポンやカエル)

・人間(水辺で作業する人)

・海の船幽霊が川だと河童になると言う考え方も

・藁人形で作ったロボットみたいなもの
 春日大社を建立する際(橘諸兄の孫)に大工が人形を使った
 立て終わった後に処分されずに人の尻を食えと言われることが尻子玉の伝承の一つとされる
 兵部が取り仕切っていたので兵主部と言う
 左甚五郎が人形を使って建築をした後川に捨てたことから河童になったと言う話も

・石川県では水主、水使、水神の眷属と見られる

・能登半島では獺が年を取ると河童に

・祇園の八坂神社
 スサノオノミコト スサノオ神社
 牛頭天王 祇園神社
 祇園様 津島神社
八雲神社
 の眷属が河童
 眷属とは八幡神社でいう鳩、稲荷神社でいう狐にあたるもの
 平安時代  病気を撒き散らす 怨霊、御霊 慰撫するために祇園祭
 近代 眷属である河童も祀られる
 病気の伝染は汚い水が影響があるため川の付近の妖怪である河童の畏怖が持たれる

・水天宮
 壇ノ浦で入水した二位の尼が尼御前に
 女性たちが河童になり男性は平家蟹に
 祀られている水天宮は水の神様でありこの話とも繋がり河童のものがある
 民芸品の紹介でも少し触れた 

・文献
 室町時代の『沙石集』に河童の記載が
 福岡の県の久留米市田主丸町馬場 700年前が最古とされる

■河童に関係性が深い妖怪
・水虎:中国
 日本の河童と同じものだと思われてた時期もある
 水虎の図のように博物学として動物として河童を描いた
 河童の総称として使われた
(河童のルーツとしての側面・河童的なもの)
 お皿はない~はげ頭
 甲羅はある
 センザンコウのような肌
 虎は水辺に住んでいることから山猫のイメージも
 カニを好んで食べる

・魍魎
 水辺の妖怪 罔象と罔两(昔の文字)文字が似ているため
 昔は河童が水辺に住んでいる全部の妖怪の総称
 土にもぐって死体を食べる方良と発音が似ている土にもぐって死体を食べるために同一視
 魍魎の形質から河童が人を喰らうという性質に
 長い耳は河童の特徴にはない
 おかっぱ頭 河童の頭のルーツ?
 
 魑魅 山の神(≒すだま)
 妖怪的な要素 祟る

・山童
 目が一つ 山の神の要素
 足が一本
 木を持っている
 1年の半分を水辺(河童)1年の半分を山に住む(山童)
 中国の山精に近い

■河童の名称・発音
全然関係ない名前が400以上ある
鬼でも天狗でも色々な名前はあるが固有名詞 氏名がはっきり
鬼・天狗は種を指す名称ではない
河童は地域での名称で種を指す

・河童:関東
 河(カワ、カ、ガ、カン)
 童(ドウ、ワラシ、ワラワ、ワラベ、ワッパ)パとは読まない
 カワワラワ、カワワラシはある、ガワラ、ガワワラシと読む可能性はあるが何故カッパか?
 カワワッパの略称から
 ワッパは大人から見ての見下し

・中国の水神としての河伯(カハク)中国読みのカッハから
 日本での河伯信仰は平安中期より
 東北を中心に河伯神社

 水虎も中国読みでスーハ
 発音の変化で付いた名称

・河虎(川虎)
 カワコ:長崎の対馬の一部 中国読でクーファ:これもカッパに近い
 カワトラ→カワタロウ:大阪府淀川区神崎川 →川(河)太郎
 『河童大辞典』等のみ
 
・川童
 カオーラ :同じく長崎の対馬→韓国に近い発音変化 ↑
 河虎がカンホーラギでカホーラ
 韓国発音からの変化で河童名称になったと言う可能性
 川虎→カホーラ→カオーラ→川童→河童→関東に伝わって日本読に

・川子
 河に住む小さい子供の妖怪
 ガウコ、ゴウコ:島根、鳥取→濁音がつく
 ゴーラ、コーラ:岡山 瀬戸内海から紀伊へ
 ゴーラボシ、ゴーランボウ:和歌山
 
・九州ではガーロー・ガラッパ・ガータローと言う発音も

・発音から系統付けられない例
 エンコウ /ひょうすべ/水神/河婆/川獺/主(ノシ、ミソコベ) 等

■地域で見る河童の種類
・河太郎・川太郎:関西 西日本の方言
 河童は関東地方の方言で昭和になると川太郎と言う方言がなくなり河童で統一されてきた
 江戸時代では川太郎が通り名だった。
 メディアが東京を中心に動いていったため時代とともに河童に

・芝天:高知県

・猿候:広島県
 エンコウ橋
 両腕が一本につながっているので片方の手を引っ張ると伸びる(もう片方は縮む)
 ニホンザルというよりテナガザル

・獺、川僧 :
 獺が化ける
 ヒンダツ カワウソとエンコウは雌雄の関係
 海に住んでいる河童はカワウソ、山に登るとエンコウ~瀬戸内海
 じゃれあう姿は相撲をとっているように見える
 河童はただの空想ではなく色々な動物の要素が
 河童のお尻の穴は三つ:カワウソにも三つある(臭腺)
 屁の河童という表現は臭腺によるにおいと関連

・ひょうすべ(兵主部):佐賀県
 ↑来歴の部分も参照
 ひょうひょう鳴きながら飛ぶと言う説も

・川子:島根県

・ガータロ:北九州

・ドメツ:青森県

・岸涯小僧 :石燕がつけた名前

・ケンモン・ケンムン:奄美
 河童の仲間(お皿がある)

・キジムナー:沖縄 
 ケンモンと似ているがお皿はない
 ここでは河童の仲間としてみる

参考
2008年の多田克己さんの読売カルチャー錦糸町教室の妖怪学入門の受講していた際のメモに
前後の講座メモ+記載しながら本を見ながら追記しながらまとめたものです

表現や記載ミスはできる限り再度調べなおしてないように心がけておりますが
自分で理解しやすいように構成しているため解りづらかったりミスがあるかもしれません

多田さんの河童に関しての大分前の解説隠れ里のHPにてアップされていますので
興味のある方は参照にされるのをお勧めします

怪のvol23も参考になると思います

先日PCの破損によりまとめていたメモがデータ喪失してしまったため
備忘録と復習をかねてまとめたものになります
今後自分でも追記修正はおこないますが興味をもたれた方は追加して独自で本を見たり
調べたりするのも面白いと思います

追記に際して参考にした本です
入門書としても最適なものなので興味のある方は是非

DISCOVER妖怪 日本妖怪大百科 VOL.01 (KODANSHA Official File Magazine)

ニッポンの河童の正体 (新人物ブックス)
スポンサーサイト

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
130位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。