スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【妖怪巡り】麻布七不思議

麻布七不思議
1116776370_197.jpg


○天現寺の狸囃子
狸蕎麦
広尾駅から
2009年3月に行きましたが改修工事をされていて
塚が見れないと言っているとお寺の方が
狸の像は狸囃子の伝承とは関係ないとお話をされてました。
元の持ち主からの連絡がないので改修と一緒に取り壊されるらしい
塚もありましたよねと尋ねるとああ、その辺の奴のこと? と積み重なった石を指さす…

狸囃子を伝えると思われていた物は全く伝承とは関係なかった
伝承自体はあったがそれを伝える物は寺としては何もない
ただこれらは全く関係ないとは言え狸囃子の伝承地として
それっぽい演出としての効果を持ってきていたのは事実で
取り壊されてしまうのは非常に残念なことです

当時の写真を確認していたのですが携帯に保管があったのが蝦蟇池のみ

川沿い南の近場に「狸橋」がありこちらは狸蕎麦のお話があります

近場には「広尾稲荷神社」には庚申塔があり
神社社屋の天井に、龍が描かれています。

がま池
有栖川宮記念公園付近のマンション敷地内にあるがま池
駐車場から見ることが可能
雰囲気もよく春は桜が咲いていて綺麗。、
マンション前に説明書き有り

十番稲荷神社
がま池のガマが祭られています。
カエルにちなんだお守りや火伏のお札 上の字様が復刻されています。

四辻に出ると
一本松

○四辻の狸坂
狸坂 暗闇坂 一本松坂 大黒坂からなる四辻
当時を想像するとなかなか鬱蒼とした雰囲気を想像できる坂が多い場所です

狸穴(まみあな)
公園に稲荷があり近くに狸穴坂もあります
採鉱の後らしいのですが、
まみが住んでいたという穴があった場所で
まみとはたぬきのように化ける動物(穴熊・イタチなど)のことで

そこから南に行くと、
渡辺綱ゆかりの綱の手引き坂
近くのオーストラリア大使館の壁にある
御幣を持った猿のレリーフは「真猿=魔・去る」の意味
敷地内には渡辺綱が産湯につかったという井戸。

当光寺も渡辺綱ゆかりのお寺です。

柳の井戸
逆さ銀杏
麻布山善福寺では弘法大師の伝承の柳の井戸と
境内に逆さ銀杏があります
さかさまに生えているような姿は圧巻です
こちらは親鸞聖人が地に差した杖から成長したという伝説がある。

上記は当時回った場所に七不思議を当てはめたものですが
幾つかリンクを貼らせていただいた
麻布十番未知案内
麻布七不思議
場所や内容としては詳しい

他にも
○我善坊の大鼠
○六本木
○永坂の要石
等もある

麻布七不思議は厳密にどの組み合わせを持って七不思議であるという明確なものはないので
色々な情報を参照に七つだけでなく色々と巡ってみてもらいたい
スポンサーサイト

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

式水下流

Author:式水下流
妖怪の造形をやっております。
妖怪展示・イベント情報を収集しております。
ブログでは
妖怪本・妖怪展示・妖怪行事の紹介やレポートが中心

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
122位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
御来訪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。